夢となる保育士への道は学校にあり|資格取得を実現

社会人から目指す

保育士

保育士の資格取得を目指す為の学校には、専門学校や短大、大学があります。在学中には保育士になる為の試験を受け、合格することによって晴れて保育士という役職を手にできるのです。希望者は併せて幼稚園教諭の資格を取得することも可能です。最低でも2年間、資格取得に必要な知識と技術を身に付ける為に、学校で勉強を重ねて切磋琢磨する時間になります。平成16年度から保育士の試験は、の地域で受けても問題に違いが生じないよう統一化されたので、過去問題を参考にしながら合格を目指せます。

専門学校や短大、大学は高校を卒業した学生のみが入学するイメージが強く、社会人になってから保育士を目指すことは難しいと思われがちです。しかし、保育士の資格取得を目指せる通学講座もあるので、すでに仕事を始めている社会人でもプロ講師の元で勉強を重ねることが可能です。独自で勉強することも可能ですが、保育士になる為の筆記試験は難易度が高いので、講師の元で学んだが方が効率よく実力を高められるでしょう。

社会人になってから資格取得の為の通学講座を利用すると、どうしても1日の中で充てられる時間が短くなるので通う期間が長くなります。保育士資格取得の為に通学講座に通い始めると、最高でも3年という時間を要します。その間に掛かる学費は平均で約50万円とされているので、専門学校や短大よりも長い時間を掛けるものの、学費は大幅に軽減できます。身近な地域で通学講座を実施している学校を見つけて、自分の夢を確実に叶えてみましょう。