夢となる保育士への道は学校にあり|資格取得を実現

従業員の安全を確保する

オフィス

会社に勤める従業員の安全を守るために、衛星管理者という人が存在します。この資格を持つ人がいることで、万が一業務中に何かトラブルが起こった場合にすぐさま対処することができるのです。衛星管理者の仕事は、様々なものがあります。主な業務内容として挙げられるのは、従業員の健康や身の安全を守るための指導や、定期的に健康診断を行なうこと、災害などが発生した際の原因や対策を突き止めること、万が一のときに備えて器具などの準備を常に整えておくことなどといった内容があります。衛星管理者の資格を持つ人がいることで、会社やそこに勤める従業員の安全を確保することができるのです。

衛星管理者の資格を取得するには、試験を突破しなければなりません。衛星管理者の資格試験には、第一種と第二種という二つの種類が存在します。第一種は全般的な業務においてこの資格を活用することができるのに対し、第二種は適応できる業務が限定されています。第二種の資格を取得することで、適応できる業務は情報通信、金融、保険、卸売り業、などといったものです。それぞれの種類によって活用することのできる職種が違いますので、衛星管理者の資格を取得する際は注意しましょう。また、この資格試験を受験するには、いくつか条件をクリアしていなければなりません。衛星管理者試験の受験資格は、大学や高等専門学校を卒業して1年以上の衛星実務を経験したことがある人、または大学などで学位の称号を与えられたことのある人などといった条件が定められています。